【銀行ローン】オススメはどこ?8つのポイントと審査・金利選び方など

銀行ローンは低額にすると審査に通りやすい3つの理由とは?誰も知らない驚愕の事実を教えます!

2017年03月20日 20時07分

銀行ローンは限度額を低くすると有利になる?

せっかく低金利の銀行ローンに申し込んだとしても、審査に落ちてしまっては意味がありません。審査に通りやすくするためには、利用額を低くすることです。

そうすることによって、審査に通りやすくなります。審査というのは、あなたが確実に返済するかどうかを見定めるのです。

だから、最初から限度額ギリギリまで申しこむと、それだけ審査が厳しくなってしまい、審査に落ちてしまう可能性がありますので、まずはなるべく低い金額で銀行ローンを申し込むようにしてください。

 

返済計画はバッチリだとアピールできる!

限度額を低くすることによって、銀行サイドもしっかりと返済計画を立てていると判断してくれます。

また、限度額を低くすることによって、万が一のときもそこまでリスクは無いと判断されますので、審査にもパスしやすいというわけです。

銀行も貸すときにはとても慎重になっていますので、最初から限度額いっぱいまで申し込むのではなくて、しっかりと返済しやすいように低額ローンから始めてみるといいでしょう。審査に落ちてしまうと、また最初からやり直しなので、無駄な手間がかかってしまいます。

 

借り過ぎによる審査落ちが無くなる

審査に落ちる理由の一つに、他社からの借り入れがすでにあることが挙げられます。他社からもローンの借り入れがあるということは、それだけ生活が逼迫していると思われるので、審査落ちの原因になります。

それを防ぐために、最初から低い金額の借り入れを申し込むのです。そうすれば、すでに他から借り入れがあったとしても、問題なく審査に通ることがあります。

すでに他の銀行ローンを使用している場合には、審査落ちしやすいので、最初から低額ローンにしておく方が無難です。

 

増額しやすいのでトータル的にはお得

ただ、低額ローンなら利用する意味が無いのでは?と思うかもしれませんが、低額ローンを利用してきちんと返済することによって、その銀行に信用を作ることができます。

そうすれば、後でもっと増額したい場合、通常よりも審査に通りやすい傾向があります。なぜなら、あなたはすでにその銀行で信用を作っているからです。

だから、いきなり限度額いっぱいまで申し込むのではなくて、最初は低額ローンを申し込み、後で限度額を増やすように交渉するといいでしょう。銀行ローンの審査は厳しいことで有名ですが、これらのことに気をつければ問題無く審査に通るでしょう。