【銀行ローン】オススメはどこ?8つのポイントと審査・金利選び方など

銀行ローンの選び方を解説!3つのポイントを押さえれば初めてのローンでも怖くない!

2017年03月20日 20時17分

実際の金利は申し込みのときまでわからない!?

最近は低金利をアピールしている銀行がたくさんありますが、店頭やネットの広告だけで判断するのは不十分だと言えます。実際に申し込むときは、あなたの信用状態などにも左右されますので、金利が変わることもあります。

逆に、他の銀行よりも金利は高いけど、十分な預貯金があることを提示したら、金利を下げてくれることもありますので、まずは話し合いをすることが大事です。

銀行ローンは、交渉によって金利が変動するものだと考えておけば、問題なく利用することができます。

 

銀行ローンはトータルの返済額で考えよう

例えば100万円のローンだとしても、実際に返済するのは100万円以上です。なぜなら、その100万円には金利がかかりますし、さらには保証料などの名目で、別途費用がかかります。

銀行ローンを選ぶときには、このように金利だけではなくて他の費用も含めて、トータルでいくら返すのかというのを考える必要があります。

金利のことだけしか考えていないと、後で痛い目に遭います。住宅ローンのときにはより金利以外の費用が必要になりますので、しっかりと考慮しましょう。

 

店舗やATMは近くにある?利便性も凄く大事

また、店舗やATMが近所にあるかどうかも大事です。銀行ローンを利用すると、返済までその銀行とお付き合いすることになりますが、困ったことがあったときにすぐに相談できないと、店舗に行くまでの手間や交通費がかかってしまいます。

さらに、返済のときにはATMを利用すればとても便利なのですが、ATMが遠くにあると意味がありません。

毎月の出費を抑えるためには、このように利便性も考えて銀行ローンを利用しないと余計な費用や手間がかかります。銀行ローンを利用する前にチェックしましょう。

 

できるだけ対面で契約するようにしましょう

最近は店舗に行かずとも、ネットや郵送だけで銀行ローンの申し込みが可能になりましたが、実際にかかる金利やトラブルがあったときの対応など、対面でないとわからないことがたくさんあります。

確かに対面だと緊張することもあるかもしれませんが、最近の銀行員はとても対応が親切なので、とくにセールスされることなく契約が可能です。銀行ローンを初めて利用する方は、まずは対面で契約するといいでしょう。

実際の金利はどうなるのかなどの話し合いもスムーズにできるのでお勧めです。さらに、契約自体は1時間ほどで終わりますので、短時間でスムーズな融資が可能です。